ヤックンと甚平(じんぺい)

参りました。うちの旦那さんの浮気って、まるで病気みたいです。まさかこんなに出てくるとは。結婚する前からと合わせると相手も複数。常習だったんですね。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥る危険性が高いです。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、距離が一気に縮まります。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに配偶者が不審な行動をするようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることは難しいといわざるを得ません。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といったところに抵触すれば解雇もないわけではありません。まあ現実では訓戒程度で、処分といえるほどのものはなく終わることが多いようです。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。それには単刀直入に質問してみるといいのです。大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。だから質問は簡単なほうが良いのです。また、少し訊かれただけで、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。一家の主である彼を第一に考え、妻としての外見への心配りも怠らず、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えているのですが、甘いですか?パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。不倫という許しがたい理由でパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうというケースもままあります。浮気現場を押さえられて、しばらく自粛状態が続くのですが、またしても我慢できなくて浮気する可能性だってないわけではありません。言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、調査を探偵社に依頼して、きっちり不倫の裏付けをとり、お灸をすえてやりましょう。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、なんの情報も得られませんでした。かくなる上は探偵の出番かとも思うのですが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、いまだに踏ん切りがつきません。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、浮気は男ばかりじゃないはずです。スポーツや自治会、子供関連と、女性だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、旦那様側が探偵に相談するケースも以前ほど珍しいものではなくなってきました。浮気に走るきっかけというのは主に、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったという自己中心的な感情です。自分をもう一度異性として見てほしいという願望が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。怒ったところで逆効果ということもありますから、二人でいる時間を作り、自分たちが我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、パートナーにしてみれば、浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。その許す事ができない行為を黙認することはありません。浮気の証拠といったら、定番なところではスマホ(携帯電話)でしょう。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。普通、離婚となると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。でもそれは、絶対的なものではないのです。親権というのは原則的に、同居の有無や育児への関与といった点を見ていきます。調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが優先されると考えて良いでしょう。もし配偶者が浮気していた場合、代償として慰謝料を求める権利があります。といっても簡単なことではありません。当事者だけで話しあえば、自分の立場を主張することに躍起になって、横道にずれたり頓挫することも多いです。ことによると裁判に発展する可能性もあるので、弁護士を頼んで無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気する人は一定数いるようです。退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が大事だと思います。浮気の気配を感じたら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは業者が行う無料相談を試してみるのも手です。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、見知らぬところに浮気調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。ただ、あまり深刻にとらえることもないと思います。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。ラッキーと思うでしょうが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は断るときもあるそうです。当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることも多いみたいですから注意が必要です。配偶者の不倫行為が発覚したら、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるのが先決です。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚とか、そうなると慰謝料の請求なども勘案しなければいけません。相手と話し合いの場を設け、これからどうするかしっかり相談することをおすすめします。浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。その大きな要因は、恒常的なストレスがあげられます。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などをかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。その一方で、不倫された配偶者の方もメンタル面の病気になりやすいです。配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、逆にいうとそれさえあれば、心ゆくまで締めあげてやるまでです。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。長らく子供と家庭だけを軸に、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、外出、電話、メールが増えて、すぐ主人にバレて、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、両家ともに離婚。そして双方が慰謝料を請求される事態になりました。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをあきらかにしておくことが必要不可欠です。不倫関係を解消させたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどを区別して、伝えておく必要があります。どこに主眼を置くかにより調査員の仕事内容も変わるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を得るのはトラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも考える価値があるのではないでしょうか。ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があるように思えてなりません。夫婦間の問題はもっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。軽率のツケは高くつくでしょう。特に不倫調査なんて要らないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、出会いがない現場だろうと無関心でいてはいけません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。一緒にいて怪しい点があるときは、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。不倫というのは一生続けられるものではありません。浮気の事実が知られ、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことも考えなければなりません。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する例もないわけではありません。落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは分が悪いでしょう。不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。思いこみで裁判に負けることに納得できる人はいませんよね。そうならないために、信頼できる調査結果を入手しておいたほうが良いでしょう。話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体的な交渉がある場合をさします。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料の支払いを申し立てることができます。相手が油断している間がチャンスです。探偵業者に依頼して、パートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるような利用法も少なくないです。僕の会社の後輩なんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、相手を訴えてやると言うのです。わからなくもないですが、それには裁判費用などがかかるのではないでしょうか。浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、浮気の慰謝料を要求した上、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと提案してみました。ほんの出来心であろうと、不倫行為の代償というのは高くついて当然でしょう。とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかでも違いますよね。ただ、家庭が滅茶苦茶になったり、慰藉料を請求されることだってあります。不倫はバレたら最後。相応の代償を払ってこれからを生きていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です